スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

【お問い合わせ】

お気軽にお問い合わせくださいね。
※「控え」メールは自動返信されませんので必要な場合は
 本文コピペして保存しておいてください。
※基本的には3日以内に返信させていただきます。
 長期休暇に関しては、こちら「イラストレーター森のくじら」WEBにてご確認ください。


■名前:

■メール:

■件名:

■本文:





スポンサーサイト
【2007/01/01 09:15】 | ■お問い合わせ | page top↑

【PROFILE】

■ポックルモックル代表/イラストレーター森のくじら

1973年生まれ岐阜県在住のイラストレーター。
担当:プロデュース・キャラクターデザイン
おかしな発想で様々な森の精達を生み出す。

WEB:「イラストレーター森のくじら」

■家具職人:近藤卓也

1974年生まれ三重県在住の家具職人。
担当:立体制作・写真撮影
森のくじらデザインを無垢の木で立体にし、気持ちを込める。

WEB:「家具工房BeeWalnut」


-------------------------------------------------
ポックルモックルに関するお問い合わせは
お気軽にどうぞ!(担当:森のくじら/たなべ)

■お問い合わせフォーム

【2007/01/01 00:00】 | ■PROFILE | COMMENT(0) | page top↑

【業務案内】

■無垢の木のキャラクター制作

広告・出版など向けに、無垢の木のキャラクターを制作します。
環境関連や、優しいあたたかい雰囲気などに。
詳細はお問い合わせくださいませ。

■オリジナル家具・インテリア・木のおもちゃ制作

施設・店舗向けに、オリジナル家具・インテリア・木のおもちゃを
制作します。ただのシンプルなものでなく、顔があり、生きている
家具・インテリア・木のおもちゃ。物語もあわせ世界を創ります。

※個人向け販売について

現在、基本的には定期的な量産というのが困難なため
個人向け販売はお休みいただいております。
まとめてのご注文や、オーダーメイド家具などが
ございましたら個別にご相談させていただきますので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。
【2007/01/01 00:00】 | ■業務案内 | COMMENT(0) | page top↑

【家具職人のこだわり】

家具職人だから、こだわっちゃってますよ。

■無垢の木:生きているんだよ。

ポックルモックルで使っている木は「ウォールナット(くるみだよ)」や
「タモ(バットとかに使うよ)」など家具に使う頑丈な無垢の木たちです。

無垢の木は切った後も生きているので、温度・湿度などで多少変化
するんだけど、やっぱり生きているってのはあったかいもんだね。


■植物オイル:あったくて、やさしくて。

その無垢の木だって、ガチガチにオイルを塗ってしまったら
やっぱり苦しいので、木がフーと呼吸できるようにと
「植物オイル」を使っているのです。

疲れたときなんかに、ふとふれてみると、木のぬくもりが
伝わってきて、ほんわかした気持ちになるかもね。
あ、子どもにも安心です。安心ですよ。

■埋め木・着色じゃないんだねぇ。

「え、色を塗ってあるんじゃないの?」
そう言われるためだけに家具職人は汗水たらして
色々な木を埋めています。気付いてあげてくださいね。
家具職人はがんばっているのです。

ほら、目も、マークもね。ほらほら。

いや、埋め木以外にも家具職人ならではの腕は
色々なところにみられるんだよ。
【2007/01/01 00:00】 | ■家具職人のこだわり | COMMENT(0) | page top↑

【POKKURMOKKUR?】





「ポックルモックル」とはイラストレーター森のくじらと
家具職人近藤卓也による制作ユニット名であり、
作品「森の精ポックルモックル」シリーズのことでも
あったりします。






たまたま出会った家具職人とイラストレーター。
「なんか一緒にやろっか?」ということではじまった二人。

イラストレーターのおかしな発想と、家具職人としての腕。
そこからポックルモックル達は生まれてきます。




ポックルモックルの家具たちには、ただデザインとして
顔があるだけなく、ココロがあります。

みんなに名前がついていて性格もあります。
生きているんです。だから、そこには世界があり、
物語があるんだそうですよ。
【2007/01/01 00:00】 | ■ポックルモックルとは | COMMENT(0) | page top↑

【森の精ポックルモックルとは?】

森の精ポックルモックル。
それはいつかの未来の物語。

人工に囲まれたその時代にわずかに残されたたったひとつの小さな森。
そこは「生きている森」と呼ばれ、人々はその森を恐れ、
やがて近づくこともなくなりました。

・・・・・・しかし、森の奥では森の精ポックルモックルたちが
楽しく暮らしていたのです。
【2007/01/01 00:00】 | ■森の精ポックルモックルとは | COMMENT(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。